はじめに

昭和57年に講談社より発行されたガンダムプラスティックモデルブックです。
皆さんも良くご存知ガンダムデザインの産みの親、大河原邦彦氏とストリームベースと呼ばれたガンプラ愛好グループによる「リアルタイプ」をコンセプトとした作例集となっております。

この本は私が子供の頃、購入しわくわくしながら見ていた記憶があります。
大人になり20年ぶりにガンプラ復帰した今、「そー言えばガンプラの本、実家にあったよな〜」なんて思い出したので実家より探しだしてきました。

懐かしく思い、昔を思い浮かべ楽しく読み耽ってしまいました。
特にストリームベースの小田雅弘氏の作ったガンプラが子供ながらに「凄い」と感じてました。
気付かなかったけど現在の私のガンプラ作風は小田氏の作風をDNAの記憶のように組み込まれていたような感じさえします。

もうかなり昔の本になる為、現在では入手困難と思われますので、このままこの素晴らしい資料を埋もれさせるには勿体無いと思い、みなさんに公開するにいたりました。

この背景は大河原氏による1/60シャアザクと量産型ザクです


製作会社様各位
なにぶん本をスキャンしているので、この公開にあたり著作権などに関する問題で掲載が不都合でしたらご連絡ください。

 ガンプラ制作スタッフ

大河原邦夫氏

ストリームベース

小田雅弘氏
高橋昌也氏
川口克巳氏
中坊嘉一氏
勝呂国弘氏
桜井 勇氏