再びアバター

Pocket

昨日の日記の続きになりますが、

昨晩、さっそくブルーレイ版アバターを観た。

私は劇場にて3D版を観た事がありますが、嫁さんは初視聴。

私のPCモニター 24インチ液晶1920×1200 VAパネル にて、

 
 
はんぱなく超美麗!!!

 
 
こ これは マ マヂで ヤバイ っす(汗)

現在、ブルーレイソフトは
スタートレック
ターミネーター4
ガンダムUC 1
を持ってるのですが、

アバターこそブルーレイの表現力を引き出しきってる映像作品なのだと確信しました。

3D版だと迫力は出ますが、 フリッカーや3Dメガネ特有の明度落ちにより、少し絵のディテールや美しさを損なっているように感じていたんですよね。(映画館にもよると思いますが…)

しかし、(俗に言う)”フルハイビジョン”のブルーレイで観ると、
ディテールとか物凄く細かく隅々まで見えます。

他のブルーレイソフトもキレイはキレイなのですが、もともとのCG作成のハイエンドレンダリング解像度が低いからか、アバターほどの緻密感はありませんでした。

 
パンドラの世界の美しいこと美しいこと・・・

 
まるで光り輝くモネの絵を観ているかのよう・・・

3Dでなくとも充分、臨場感を味わえます。
高い所に登ったり、崖から急降下なんてシーン・・・
自分の股間が ひゅ~ って感じになります(^^;
  
 
観るなら是非ともDVDよりブルーレイをオススメします。
しかし、バンドルされてるDVD版って意味無いよな~ 今はDVDプレイヤーしかないが将来的にブルーレイプレイヤーにする人用ってなのなら分かるが…
 
 

この美麗BDクウォリティでスターウォーズエピソード7,8,9が観れるとなると、オシッコちびっちゃいそう(失礼っ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. n.blood より:

    「アバター」も良いけど「巨砲」もね!!
    と、しれ~っと書いて逃げさる私、、、ウフ!

  2. Takuya より:

    あ 先ほどエントリさせていただきました。
    もう後戻りはできない・・・