HG R35改グフ(ショルダーアーマー)

Pocket

スカート裏のトラスフレーム同様これも目立たない部分ですが、
ショルダーアーマー裏にもフレーム状ディテールをカッティングプロッタで切り出した0.14mm厚プラバンで追加しました。
shoulder0630

ショルダーアーマー上のスパイクの先端を尖らせました。
円錐スパイクは少し先端を一旦削りプラ棒を接着後、削り込んでいます。
弧状のスパイクは、曲線なのでプラ棒を追加せず、そのまま削り込んで尖らせました。

アーマー表面にはプロッタカットの0.25mm厚プラバンでディテールアップ。
これは、兵器としての実用性は全く無く、完全に私の趣向によるデザイン性を重視したものです。
shoulder0630b

今までのHGUCキットではパーツ接続にポリ製部品が使われていたのですがR35グフのキットでは数か所、プラ製に置き換わっています。
このショルダーアーマー接続部もプラ製なので、塗装や改造が容易になりました。
この部分もプロッタカットしたプラバンを貼り付けディテールアップしています。
デザイン的にこれぐらいならタガネで彫った方が早いのでは?というような感じですが、他のパーツを切り出すついでに作っておきました。
shoulder0630c

腕に有る機関砲接続部を角形穴から3mmφ穴に変更。
これにより機関砲接続、シールド接続のどちらでもできるようになっています。
arn0630

 
gouf0630b
もうちょっと工作があります。
では、次回。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする