HG R35改グフ(15 ドダイYS(2))

Pocket

巷で話題のアナと雪の女王、ブルーレイをレンタルして家族で視聴しました。
どちらかというと

「ありの~ままの~♪」

の主題歌の方が持ち上げられてまして、ヤフー映画などでのレビューを見てたらあまり映画自体は評価がよろしく無い様で期待してなかったのですが、
ハードルを下げられた分、逆にそれほど悪くは無かった内容でしたね。
でも、大大ヒットしてるけど、そこまで無茶苦茶面白い内容でも無かったと感じましたが(爆)
娘は「面白かった」とは言ってましたので、子供が楽しめたんならそれでいいんではないかと…。


 
さてさて、
ドダイYSの工作は終了。
少しのスジボリだけ追加しますが…。

グフをダダイに立たせる際、大きく足を開いたポージングをさせたい為、
足元のスペース確保をどうすべきか悩みました。

以前、グフカス+ドダイツーの時は、ドダイツー本体を一旦分割しプラバン挿入による幅増しを行ったのですが、
今回、より手間のかからない効果的な方法は無いのか考えた結果、
斜度付垂直尾翼の取り付け位置を上面から側面に変更ということを思いつきました。
この時、垂直尾翼パーツを左右入れ替えて組むと違和感無くフィットします。
(少しプラバン等で隙間を埋めています。)
dodai0716a

邪魔だった垂直尾翼が無くなったので上面のスペースが増えましたが、足をマウントさせるハードポイント部がこのままでは小さいままなのでこれの外側にあたる部分をカットし、プロッタで新規作成したプラバンをはめ込んでいます。
dodai0716c

dodai0716b

前回、グフの足裏に埋め込んだネオジム(ダイソー6mm)、ドダイ側に更に大きなネオジム(PC周辺機器のアクセスポイント等に付属していたものだと思う)により、接続可能。
また、展示ベースのフレーム先端にもネオジムを仕込み、これとドダイも磁力接続可能です。
goufdodai0716a

磁力が強力なのでこの様に傾けても落ちることは有りません。
goufdodai0716b

今月中には完成できそうですね。多分…。
その後、オークション出品しますので宜しくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする